ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Compleanno」年を全うする。〜演奏後記・ワンコイン特別コンサート〜

<<   作成日時 : 2010/06/21 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7


さて
とうとう梅雨入り。

あーーーーっと言う間に
じめじめした日本の夏がやって来ますね。




・・・。




「あーーーーっ」

っていうのはおかしいか。
それじゃ長くなっちゃうもんね。


「あっ」

じゃないと意味が変ですね。。失礼。。



さて
そんな不快指数上昇中の今日この頃
皆様いかがお過ごしですか?



私はと言うと
一昨日歌って来ましたよ。

五十嵐先生とのワンコイン・コンサート。



いやぁ。
今回は私、大分色々やらかしました。

アリア一曲目は
まだ曲の中間部があるのに
いきなり終わりのフレーズに飛びそうになったり。

次の曲は
出だしの発音を間違えて

「あ。」

って思っているうちにカデンツの中で迷子に。。
つまりいっぱいある音のの中で
今自分がどこの音を歌っているのか良く分からなくなったり。


どちらの曲も
人前で歌うのが初めてで

何が起こっても不思議じゃなかったんですが

「ぐぉーそんなとこに落とし穴があったかー。」

という感じ。。。
反省します(泣)。


私以外は皆さんほんとに
素晴らしい演奏が続いたので
申し訳なかったです。。



しかし
自分の事はさて置いて

曲がりなりにも舞台に立つようになって
大分月日が経ちますが

舞台上で貰い泣きした事なんて
本当に初めてでした。



五十嵐先生は

コンサートの間
始終して自然体でした。

出はけのタイミングも自由
喋るタイミングも自由
曲目なんてその場で変えちゃうし

歌う予定のなかった
司会役の娘さん、麻利江先生に

「貴女は今日は一曲も歌わないの?」
と急に「無茶ブリ」して歌わせるし

勿論その奥に色々とお考えあっての事ですが


あたしは舞台袖で
心の中であんぐりと口をあけておりました。

何がって
突然の「無茶ブリ」にも
何事もないかのように対応する皆さんの



その笑顔ったらないんですもん。



楽しんでいる。

先生と共有できるこの楽しい時間を
本当にいつくしむように。



あんなに温かい舞台。
初めて経験しました。




アンコールは何を歌われるのかと思っていたら

マイクを取って
親交の厚かった森重久弥さんのお話を始めて。

そしておもむろに「知床旅情」を歌われました。


ピアノの後ろから
先生が歌う背中を眺めながら

堪えきれずに泣いてしまいました。


ちらっと横を見たら

先生がが歌詞を落とさないようにと
小さい声で麻利江先生が・・出だしの歌詞を。

それを見たら
また泣けてきちゃって大変・・。



舞台袖に引っ込んで
ボロボロしてたあたしの顔見て

「なんだ泣いてんのか(笑)」

ですって。




ほんとに

何と言うか。





かないません。






いつもなら
激凹みして帰りそうな出来の本番でした。
でもちっともそうならなかった。

その事がまた不思議で。


また
自分の存在の小ささを
しっかりと受け止められて

それがむしろ嬉しかったような。
何だか不思議な感覚でした。




帰りにみんなでご飯を食べていて
何かの話で麻利江先生がふと言いました。

「いつでもこれが最後かもって思って
 ステージに出るようにしてるんだよね。」



考えてみれば

人間は誰でも
いつ死ぬか分からない。

もしかしたら明日事故で
死ぬかもしれない。

「今日のこのステージが
 あたしの最後の演奏になるのかも知れない。」

その可能性は
いつでも絶対0じゃない。




初めて歌った曲だから
失敗したけどまた次頑張ればいいか。

とか思ってた自分を
激しく反省しました。





五十嵐先生も

そう思って
舞台にいつも出られてるかも知れないです。

しかもそんな事
微塵も感じさせないあの自然体で。








ちなみにそんな昨日。
私はまた一つ年を取りました。

この日だって
来年もまたやって来るっていう保証は
どこにもない訳です。




イタリア語で誕生日は
Compleanno(コンプレアンノ)と言います。


語源をちゃんと調べた訳じゃないけど
私は何となくいつも

「Comple全うする」「anno年を」

という気持ちで使っています。



また一年を
健康で過ごせたという事への感謝をこめて。

これから一年を
ちゃんと大切に過ごしたいという意思をこめて。







ほんとに貴重な一日でした。

共有して下さった全ての皆さんに。




そして何より先生に。




心からの感謝



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい一日だったようですね。とても感動的なお話です。それから、Buon compleanno!
tetsu
2010/06/23 22:13
わたしは佳子のブログを読んで涙がでた〜喜芳先生のお声が聞えてきちゃってね。
wakako
2010/06/24 07:01
tetsuさん。
Grazie tantoありがとうございます。
佳子
2010/06/24 20:56
wakako。
今思い出しても涙ぐむよ〜ほんとに素敵だったよ先生
佳子
2010/06/24 20:58
山口佳子さん、こんにちは♪

記事を拝読させていただいて
「山口佳子さんという方はなんて
感受性の豊かな人なんだろう…」
と感じてしまいました(^_^)

表現者として、何かすごく大切な
ものを持っていらっしゃるような
気がして感動しちゃいました。
Aki
2010/06/25 08:33
Akiさん。
いつも書き込みありがとうございます
か、感受性・・・いえそんなものでは
最近年齢のせいか涙もろくなってしまって・・そのせいかと。

でもありがとうございます
佳子
2010/06/26 19:27
メッセージありがとうございました。遅くなってしまいましたが、返信しましたので、見てみてください!
tetsu
2010/07/09 16:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Compleanno」年を全うする。〜演奏後記・ワンコイン特別コンサート〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる