ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 台風一過。〜演奏後記・「懐かしいあの日の歌」〜

<<   作成日時 : 2010/11/01 22:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

冬のように寒い日が続きましたが

今日は何かちょっと暖かかったですね。


ホッとします。


台風の後で

ほんの少し気候が緩んだ

そんな感じなんでしょうか。




さて一昨日。

10月最後の山場を何とか越しました。



いちょうホールリサイタル

「懐かしいあの日の歌」


画像


画像


台風接近という予報を見ながら
前日は不安な気持ちでいっぱいでした。

それを見透かしたかのように
高校の恩師から温かい激励のメールを頂き
携帯を抱きしめてなんとか眠りにつきました。

それが当日開演時間になって見ると
会場にいっぱいのお客様がいらっしゃって下さいました。

天候があんなに悪かったのに・・・
本当に感謝の一言です。


コンサートの半分は
会場のお客様と合唱する。

考えてみたら大胆な思いつきでした。
本当にコンサートとして成立するのかしらと
後から不安にもなりました。

でもやって見て
会場のお客様の顔を見て
アンケートの言葉を読んでみて
これはこれでやってみてよかったかなと思いました。

もちろんいつものコンサートのように
派手なアリアやカンツォーネで
わーーっと雰囲気を盛り上げる部分は少なかったです。

童謡や唱歌がメインですし
人気投票を事前に取ってみたら

「浜辺の歌」
「早春賦」
「椰子の実」
「紅葉」
「朧月夜」

ホントにどれも素敵な曲ですが
やはりしっとりと柔らかな曲が上位を占めていました。

ただこういった曲は
お客様それぞれが
そこにいろんな思い出や思い入れがあったり
するのだなぁと思いました。

聞きながら
或いは歌いながら
そこに思いを馳せて下さった。

そんなコンサートだったような気がします。

会場の雰囲気は
本当に最後の最後まで
ほんわかとあったかなものだったように思います。


普段の私のコンサートを知っていらっしゃるお客様の中には
物足りなさを感じて帰った方もいらっしゃったようで
申し訳なかったと思います・・。

皆で歌う曲の曲数の配分
それから演奏するキーの設定等々
至らなかった点も多々あり、

色々なご意見を参考に
また次の機会に企画を練り直せればと思います。


それともう一つ

今回はほぼオール日本語プログラムと言う事で
私としては一つの挑戦もありました。

例えば「椰子の実」や「赤とんぼ」「十五夜お月さん」など
本当にシンプルで美しい日本の曲。

今までは正直な事を言って
怖くて手が出せなかったんです。

日本語を本当に綺麗に歌う事の難しさ
そしてそのシンプルだからこその表現の奥深さ

人としても歌い手としても
まだまだ経験の浅い自分では
とても人様に何かを伝えられるような歌に出来ない。
そう思って来ました。

でもこれもやってみなければ
いつまでもそこを越えられない。

なので
声を充分に出し切れるオペラアリアや
イタリアの曲に逃げるのではなく。
敢えてごまかしのきかない日本の歌に挑戦してみました。

結果はまぁ・・惨敗。
やっぱりまだまだって感じです。

準備不足しかり。
加えてスケジュール調整が上手く行かなかった事の
しわ寄せもありました。

でも。

ここを第一歩ぐらいの気持ちで考え直して
またここから頑張ります。

日本の歌を本当にちゃんと歌える歌い手でいたい。
それは私の歌い手としての一つの目標ですから。



今回は本当に

素晴らしい演奏をしてくれた共演者の皆様
頼りになるスタッフの皆様
いつも支えてくれる家族
そして悪天候にもかかわらず足を運んで下さったお客様

皆さんにただただ


助けられた。


その一言に尽きます。




心から皆様に感謝



ちなみに。
地元八王子のWeb新聞「ルクツゥン八王子」さんが取材に来て下さいました。

宜しければご覧下さい。
なんかすごい姿勢の写真も載ってます(笑)。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台風一過。〜演奏後記・「懐かしいあの日の歌」〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる