ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月演奏会告知〜ヘンデル「メサイヤ」〜

<<   作成日時 : 2010/11/12 16:10   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

中学生の頃

音楽の教科書に載っていたような気がするのですが。


ヘンデル作曲
オラトリオ「メサイヤ」より第二部最終曲

「ハレルヤ」コーラス


合唱部にも入っていたので
部活で歌ったのか授業で歌ったのかは
良く覚えていません。

調性もおそらく原調から下げられていたと思いますし。
歌詞の意味など殆ど意に介さずに

ただただ音の動きの華やかさと
リズムの面白さと

その・・当時はいわゆる「ソプラノばか」
(なんて言い方あるかしら?)
でしたから


「キング オブ キーング」


と音程が段々上がっていくのが
ただただ楽しくて

声を張りあげて歌っていたのを思い出します。


大学に入って
声楽科一年生から三年生までの総勢180人で
オーケストラとこの曲を歌った時。

これが明るさや華やかさだけでなく
こんなにも多面的で
重厚な厚みのある曲だという事を初めて知りました。



それから10数年。

その「ハレルヤ」コーラスを
背中全体で感じられる機会が頂けるとは・・。

本当に嬉しいです。



画像



第56回東京女子大学クリスマスコンサート

2010年12月4日(土)17時開演
場所:東京女子大学講堂
曲目:ヘンデル作曲オラトリオ「メサイヤ」&クリスマスキャロル

出演:中内潔(指揮)山口佳子(S)阪口直子(A)
   小原啓楼(T)久保和範(B)中田恵子(オルガン)
合唱:東京女子大学クワイヤ/オラトリオ合唱団
管弦楽:カペラ・コレギウム・ヴェリタス

入場整理券:1500円(大学生以下無料)


詳細はこちらにも


歴史ある東京女子大のクリスマスコンサートに
「メサイヤ」のソリストとして呼んで頂きました。


ああ〜緊張しそう(汗。


と今から思っておりますが
頂いたチラシを見たら

あら?

偶然にもソリストに同級生の名前が。



お互い大学を出てだいぶ経ちます。

それぞれ頑張っていれば
何処かで偶然。

そんな事もありますよね。

・・・何だか心強いかも。。
ちょっとホッとしました。



ソロのソプラノパートには

アジリタの技巧が必要な明るく楽しいアリア
レガートでしっとりとまた決然と歌うアリア

両方が出てきます。

どちらもちゃんと
表現が出来るように

頑張りたいです





ご興味お有りの方は是非こちらよりご連絡下さい






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。たった今メサイアの演奏会から戻りました。山口さんの輝くようなお声が今も耳に残っています。
すべての音を丁寧にじっくりと、ご自分も味わうように歌っていらっしゃるのがわかりました。どの音も一寸たりとも見逃さない、この素晴らしい曲を多くの人に伝えたい、という山口さんの強い意志を感じました。そのお気持が、さらに私を引き付け、新たな感動がわきあがりました。
羊飼いの歌の後は、すぐに拍手をしたくなりましたよ!!
またこちらにもお邪魔させてください。近いうちにお声を聞けるチャンスがきますように。
ぴろ
2010/12/04 22:20
はじめまして。東京女子大学オラトリオ「メサイア」でソプラ二スト山口佳子さんを知ることができ、群馬からはるばる?出かけて行って大正解でした。クワイヤ、合唱の方々、Veraを冠した管弦楽団、前面にはソリストの皆様とステージいっぱいの迫力で始まり、冒頭の旧約メシア預言の諸場面は重厚な雰囲気に包まれていましたが、天使が羊飼いたちに救い主(メシア)の誕生を告げる場面(ルカ記)になって、山口さんがお立ちになり歌い始めたときは本当に”み告げ”の場に居合わせたかのような心持でした。(前のコメントのぴろ様と同じく,心の中で大拍手でした。)自分は音楽的リテラシーがないのでうまく表現できませんが、山口さんの美しくも毅然とし、どこまでも伸びていくソプラノボイスは希望の星にまで届くかと我が心には響きました。次の機会を得て、山口さんのステージを再度どこかで拝見しようと思います。クリスチャンではないのですが、クリスマスについて思い巡らせることもでき、豊かな気持ちで帰途につけました。ありがとうございました。(定年間近な者です)
nanohana
2010/12/05 18:41
ぴろ様。

嬉しいコメントをありがとうございます
メサイヤは本当にどの曲も美しくて、自分の声で歌うには恐れ多いと言うか何と言うか・・。とにかくもっと若い頃は自分がその世界を壊してしまいそうで怖くて、音楽に負けてしまいそうになっていました。。
最近はやっとなんとか対峙出来るようになって来たような気がします・・まだまだなんですが

また歌う機会が何処かで頂けたらと思います・・何度も経験する事できっともっとこの曲の美しさを伝えられるようになれるかなと・・。

頑張ります。今後とも温かく見守って頂ければ幸いです
佳子
2010/12/07 21:49
nanohana様

コメントありがとうございます!!
オペラ以外でオーケストラと合唱をバックにこう言った形式でのソリストはあまり経験がまだないもので、とても緊張しましたが、皆さんの素晴らしい演奏と会場のお客様の温かさに支えられて本当に幸せな時間を過ごさせて頂けたと思います。。

メサイヤは全体を通してとてもドラマティックな作品だと思うのですが、ソプラノのソロパートが受け持つのは「救い」や「希望」や「喜び」の表現だと思うんです。。隣りでアルトのソロなどを聴くとついつい内容から悲しく辛くなってしまったりするんですが、私自身は決して暗くなる事がないようにと努めて歌いました。
頂いたコメントを読んで、何かそういったものが少しでも伝わったのかな・・と思うととても嬉しいです。

最後の会場全体での合唱はとても温かな気持ちになり、私自身もとてもホクホクしながら帰りました。

またどちらかの会場でご一緒できます機会を楽しみにしております。
今後とも宜しくお願い致します
佳子
2010/12/07 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月演奏会告知〜ヘンデル「メサイヤ」〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる