ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 重ねると言う事〜演奏後記:樋口一葉 恋の和歌〜

<<   作成日時 : 2010/12/07 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

師走

っていうと忙しい時期の代名詞
みたいな感がありますが

私たちみたいに
世の中の動きからは
関係なさそうな職業にあっても

何故か年末って忙しいです。
何でですかね・・・。

で、例にもれず
暫くブログの更新をする暇がありませんでした。

今日はやっと丸一日の休日。

ゆっくり文章でも書こう。。。


って思ってたのにっ


え?もう夜??



はぁ。

一日って短いですね。。。





では

もうだいぶ前の事になってしまったのですが

演奏後記です。





先月の23日千葉の東漸寺さんで歌って来ました。


「樋口一葉 恋の和歌」



5月の初演から半年。

それほど日にちが空いていないとはいえ
48曲の歌曲は難曲揃い。

何度もお稽古を付けて頂いて
本番に臨みました。


前回はキモノ「風」の
モダンなデザインの衣装だったのですが
今回は完全に自前のお着物。

普段から着慣れているはずもなく。
立ったり座ったり
その所作が上手くできるかが本当に心配で・・。

思い立って日本舞踊の先生の所へ
何度かレッスンに通ったのですが・・。
そんなにすぐに何かが出来る訳もなく・・。


やはり難しかったです。


それでも、
何日か浴衣や着物を着続けていたら

何となく身のこなしが変わってきたような気はしました。
結局は日常の動作から
踊りの所作も生まれて来ているところがあるのだと言う
先生のお言葉は良く分かりました。


せっかく「八王子織」のお着物を去年作って頂いたので
これからは折に触れ
着る機会があってもいいなぁと思いました。



・・・あれ?

話がそれた。




あ。

そうです。



肝心の演奏なんですが。


何より先ず、

牧野さんの相変わらずの
素晴らしい演奏はもとより

朗読の漆原さんも、
パーカッションの裕子ちゃんも
前回より格段に素晴らしくなってて!!

これには本当に刺激を受けましたし
何だかとてもとても嬉しかったです。


「前回よりもっと良い演奏を!」


そういう気持ちを
いつも皆が持っている現場って良いですよね。



私の演奏が前回より良かったのかは
自分では良く分かりません。


ただ音楽と言葉が
体に染みついてきた分

感情の表現に少しだけ色づけが増やせたような
そんな感覚はありました。

一葉さんの気持ちのこまかな動揺や
その感情の推移に
前よりも少しだけ自分がリンクしていくような感じでした。



一つの作品で回を重ねるって

本当に面白いし。楽しい。


そんな事を思った一日でした。




今回もお世話になった全ての皆様に

心よりの感謝を




一葉さんの次回再演は
来年の5月にまた本郷の法真寺さんで。
今度は朗読を受け持ちます。

そのうちお知らせしますので
ご興味のある方は是非!


さー。
また頑張らないと



画像




写真は朗読の漆ちゃんと
聞きに来ていたイタリア人のアンドレアさんとそのご友人。

アンドレアさんは日本文学を研究してるそうで
日本語ペラペラでした、凄い!

でも私がイタリア語喋りたかったので
イタリア語でお話しさせちゃったごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
重ねると言う事〜演奏後記:樋口一葉 恋の和歌〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる