ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月演奏会告知その2〜椿姫la traviata〜

<<   作成日時 : 2011/01/27 18:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

さ、寒いですね。。。

暦は大寒を過ぎ、
これから暖かくなっていくはずですが。

気がつけば家の中でも
ダウンを羽織ってたりします。

・・着過ぎ?



とにかく
こんな日は引きこもりです。

外に出れば
インフルエンザウイルスも怖い。

バランスボールの上にでも乗って
パソコンに向かう事にします。



では2月の演奏会のお知らせ第二弾です。


画像



文京区区民参加オペラ「椿姫」

2011年2月13日(日)14時開演
文京シビックホール 大ホール
曲目:ヴェルディ「椿姫」全3幕原語上演・字幕付き
出演:山口佳子(ヴィオレッタ)加藤康之(アルフレード)
   木村聡(ジョルジョ)池野博子(フローラ)他
指揮:高野秀峰
演出:馬場紀雄
管弦楽:CITTADINO歌劇団オーケストラ
合唱:CITTADINO歌劇団合唱団

全席指定:2000円

詳細はこちら→文京アカデミー






椿姫。

La Traviata.


直訳すると「道を踏み外した女」。
パリで高級娼婦として生きるヴィオレッタの
悲恋と死の物語です。

19世紀の大オペラ作曲家
ヴェルディの代表作の一つですね。


音楽はイタリア〜♪と言う感じで
生き生きとしていて素晴らしいのですが
本当に悲しいお話。

明るいところの音楽が
キラキラしていればいるほど
悲しい部分が際立つと言うか何と言うか。。


ヴィオレッタは高級娼婦です。
「正しい道」から外れた身である彼女が
アルフレードという純朴な青年と恋に落ち、
まともな生活を送ろうとするのですが
様々な障害があって
彼との中を引き裂かれ、再び元の世界へ。
そして彼女の体を病が徐々に蝕んで行き
最後には・・・。


歌っていると
ずーーっと眉間にしわが寄っちゃうような
辛いシーンの連続です。


ほんと無意識によっちゃうので
眉毛の間にセロテープでも貼ろうかと思う位。

・・いや、ホントに貼ろうかな。
最近しわが取れなくなって来た・・。



しかもタイトルロールなだけに
出ずっぱり、歌いっぱなし。

今更ながら大変な役です。。。




いつか歌えたらいいなと思って
無謀にも20代の頃から勉強してました。

大きな公演の
カヴァーキャストをやらせて頂いた事もあります。

でも本役で全部ちゃんと歌うのは初めてで。


ちゃんと最後まで声が持つだろうか。
ちゃんと自分の声がオーケストラを越してお客さんに届くだろうか・・。

不安な事はいっぱいですけど。

何とか頑張りたいと思います。




ヴィオレッタの人生は
辛いことばかりですけど

例え道を踏み外していたとしても
運命に翻弄されたとしても
希望を捨てずに
プライドを捨てずに
必死にもがいて生きた人な気がします。

最後にそんな彼女に
何か救いや、さらなる希望が
感じられるような歌い方が
出来たらなぁ…と思います。




そんな訳で

残席あと僅かだそうです。
二階席の後ろの方しか空いていないとか、
そのような状況ですが。

もしご興味がありましたら是非。
こちらよりご連絡下さい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月演奏会告知その2〜椿姫la traviata〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる