ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月演奏会告知その2〜日本ロッシーニ協会定期演奏会〜

<<   作成日時 : 2011/09/13 16:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

10月のコンサート2つ目です。

画像



日本ロッシーニ協会定期演奏会2011
メルカダンテ&パチーニ再発見

2011年10月9日(日)14時開演

会場:東京オペラシティ・リサイタルホール
出演:天羽明恵(S)阪口直子(A)小山陽二郎(T)須藤信吾(Br)
   金井紀子(Pf)、山口佳子(賛助出演)

全席自由:4000円(学生3000円)


詳細はこちらにも



来ました!!ロッシーニです

先日藤原歌劇団の
「セヴィリヤの理髪師」聴きに行きましたが

やっぱりゼッダ氏の音楽は素敵です。

序曲からしても超有名曲ですから
この誰もが知っていて百万回聞いたことのあるような曲を
どうやって振るのかなと思っていましたが

微妙なルバートやテンポの設定
フレーズからフレーズの移行の仕方
各所にマエストロのこだわりが見えて

とにかくとても「新鮮」で「面白かった」

これはスゴイ事だと思いました。


オケピットに立っていらっしゃる姿は
本当に溌剌となさっていて

まだまだこれから
他のロッシーニ作品を振りに
何度でも日本にいらしてくれないかなぁと
切に願うところです。


そんな訳で

ロッシーニ熱が再発中なんですが

協会員でもあります日本ロッシーニ協会の
今年の定期演奏会に

ちょとだけ出演させて頂くことになりました。


賛助出演って・・・
なんか仰々しいのですが(汗。

単に全体の演奏曲数が多いので
一曲だけお手伝いに行く次第です。


今回はロッシーニの後継者・協力者である
メルカダンテとパチーニの作品に注目した
本当に珍しい曲のオンパレードの演奏会です。

私も知らない曲ばっかり。
稽古に行って聞くのが楽しみです。


私が受け持つのは
「マティルデ・ディ・シャブラン」の二重唱

前半がロッシーニ作
後半がパチーニの作ということです。

このようにロッシーニはパチーニに協力を依頼し
二人の合作といったナンバーもあるんですね。

これも普段はカットされて上演されない作品で
音源もないそうです。


イタリアオペラと言いますと

ロッシーニの後は
すぐにベッリーニ・ドニゼッティそしてヴェルディ
と考えてしまいますが

その合間に位置する二人の作曲家に光を当てる


非常に意欲的な
意義のある面白い演奏会になるのではないでしょうか。


出演者の皆さんも素晴らしい方々が集まっています。

この機会を逃しては中々聴けない作品ばかりですから
ご興味おありの方は是非是非お越しください。


チケットご連絡はこちらまで。



宜しくお願いいたします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月演奏会告知その2〜日本ロッシーニ協会定期演奏会〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる