ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS いたずらな笑顔で〜マルゲリータ・グリエルミ声楽講習会〜

<<   作成日時 : 2012/03/26 23:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

うーん。

なかなか暖かくなりませんね。


庭の梅の木の蕾
全然ふくらまないなぁって思ってたら

もう少し奥に植わってる桜の若木が
初めての蕾を付けていて
なんだがちょっと開いて来そうで・・。

頑張れ、梅。
若いのに追い抜かされるぞ。


ってつい応援しそうなくらい
今年はなんだか変な気候ですね。。


先生も言ってました。

「今年は桜が見られずに残念だわ」

って。

そしていろんな方からのプレゼントやらお土産で
トランクをパンパンにして
昨日イタリアに帰られたと思います。


そんな訳で参加してきました。

マルゲリータ・グリエルミ声楽講習会

3月8日から24日まで

途中お仕事で二日ばかりお休みは頂きましたが
ほぼ毎日通訳のお仕事で
イタリア文化会館まで通いました。

いやぁ。

いい講習会でした。



・・思えば去年はこの講習会中に
震災があって

先生が泊まっていた九段会館では
崩落事故もありました。

それでも先生は
レッスンを続けようとなさったらしいですが

状況が状況でしたから
残念ながら途中で講習会は中止。


今年来て下さるのかどうか
実行委員会の皆様も心配なさったそうですが

先生曰く
だからこそ来年は絶対行くわと
心に固く誓っていたそうです。


情熱。

ですよね。
ほんとその一言につきます。

今回も
一日の休みもなく朝から晩までレッスンをし続け
日曜日の朝には近くの教会のミサにも行き
(先生は敬虔なクリスチャンです)
名古屋の公開レッスンはなんと日帰りの日程。

御年73歳

何処にそんなにエネルギーが??

と思います。


生徒がどんな問題を抱えていても
決して否定せず

どうしたらもっと自然に無理なく
声を出すことが出来るようになるのか

考え方、イメージを変えてみる
ためしに母音を変えてみる
ブレスの位置を変えてみる

とにかく一緒にいろんな方法を
考え試してみる。

それが上手くいった時の先生の笑顔。
受講生の笑顔。


真剣さの中にも
受講生がのびのびと力を発揮できるよう
つねにユーモアを交えての
笑いの絶えないレッスン。

勿論その根底には
音楽に対する誠実さや厳しさが
あっての事ですが


あぁ音楽って
こういう場から生まれないとなぁ。。

って思わされるような時間でした。



私も本当に久しぶりに
先生と長い時間をご一緒させて頂いて

レッスンもそうですが
合間の休憩時間のおしゃべりなど

本当に楽しかった。



留学時代の初めの頃。

町にも慣れなくて
人にも慣れなくて

引きこもりがちで
鬱々としていても

レッスンに行って
先生に会って帰ってくると

何だか元気になって
頑張れるような気になった

レッスン帰りの電車の中を

思い出しました。



本当につたない通訳で
先生にも受講生の皆様にも

多々ご迷惑をおかけしたのではないかと
申し訳なく思っておりますが。

私としましては
本当に貴重な時間を過ごさせて頂いて

お声を掛けて下さった蒲谷さんはじめ
関係者の皆様には
本当に心から感謝しております。



先生。
来年もいらっしゃるそうです。

本当に出来るだけたくさんの方に
このレッスンを知って頂きたいと思っています。

是非来年、ご興味のある方は
受講・聴講、どんな形でもご参加いただければと思います。





余談。

先生の息子さん、
私と同世代なんですが
最近やっとフィアンセが出来たらしく

先生がそのフィアンセに
お土産に着物を買ってあげたいと仰っていたので

古着屋さんで
黒地に花柄のカワイイ道行きを見つけたので
買っていきました。

道行きならなんとなくポンチョっぽいし
下に着物着なくても
タートルのセーターにジーンズとブーツとかで
その彼女も着れるかもと思って。

先生とても喜んで下さったんですが。
数日後、お昼をご一緒してたら

「佳子・・・これはちょっと悪い事かも知れないけど」
と神妙な顔で言うので何かと思ったら

「あのコート・・やっぱり私が貰っていい?
 ホテルのクローゼット開けるたびに気になっちゃって!」
といたずらっ気120パーセントの笑顔で仰いました。

「そういうと思いましたよ!」
っていって二人で大笑いしました。


他の生徒さんからも
とっても素敵なお着物を二枚プレゼントされていたので
あの道行きはますます持って、
フィアンセには渡らずに
先生の手中に収まるに違いありません(笑)。



4月末にある「こうもり」の公演。

アデーレの三幕のアリアに
「いたずらな目つきで」
と歌うとこがあるのですが

練習で歌うたびに

その時のグリエルミ先生の笑顔が

脳裏に浮かびます。



画像


Grazie mille! Maestra!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いたずらな笑顔で〜マルゲリータ・グリエルミ声楽講習会〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる