ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月演奏会告知その2〜首都圏追悼コンサート〜

<<   作成日時 : 2012/06/22 00:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

7月のもう一つの演奏会です。

画像


画像



東日本大震災の復興を願って
「首都圏追悼コンサート」

日時:2012年7月26日(木)
    昼の部 15時開演
    夜の部 19時開演
場所:日暮里サニーホール
入場料:5000円(全席自由)

内容:第一部 オープニングコンサート
      宮澤賢治「雨ニモマケズ」
      バッハ/無伴奏ヴァイオリンパルティータ3番
      ショパン/ピアノソナタより「葬送行進曲」
      トスティ/祈り  他
    第二部 被災地の作文朗読
    第三部 「東北の人たちへ送る哀歌」(新作初演)

出演:仙道作三(「哀歌」作詞・作曲・演出・指揮)
    
    山口佳子(S)(「哀歌」女神役) 
    了寛明日香(S)(「哀歌」詩人役・昼の部)
    栗林瑛利子(S)(「哀歌」詩人役・夜の部)
    渡辺公威(T)(「哀歌」大地の神役)
    金沢平(Br)(「哀歌」民衆役)
    
    細川奈津子(Vn)
    鈴村栄里子(Fl)
    牧野裕史(Pf)
    松本隆彦(Pf)
    斉藤裕子(Pc)
    幸田尚恵(朗読)
    初谷敬史(合唱指導)




大震災からもう一年以上が過ぎました。

先日福島に行った際も
現地の方の明るい笑顔に出会えて
ホッとした反面。

何も終わっていないという事を
実感したばかりです。


樋口一葉
小林一茶

などの作品でずっとお世話になっています
作曲家の仙道先生は秋田のご出身。

東北には沢山の繋がりもあり
震災ではやはり親しい方を
何人も亡くされたそうです。

自分の出来る事を
何かやらなければ気持ちが治まらない。

そんな思いから
震災で亡くなった方々の魂を鎮める為にと
哀歌〜レクイエム〜をお書きになりました。


作品を生み出す時は
いつでも徹底的な下調べや取材を基に
準備をなさる先生は

「東北の魂」を作品に込めたいと

昨年の夏に
何か月もの時間をかけ
東北地方60か所を取材に回られました。

自らのルーツを訪ねる思いもあられたのでは
ないかと思いますが。。


そして取材で得たインスピレーションをもとに
20分ほどの作品を書かれました。

「鎮魂」「悟り」「再生」

からなる楽曲は
ピアノと弦楽器のオーケストラに
主題を語る「詩人」と「民衆」と「大地の神」
それと呼応しながらヴォーカリーズを歌う「女神」
という編成になっています。

私はヴォーカリーズを歌い続ける「女神」の役。

歌詞は一切ないですから
そこにどうやって表現を入れていくか・・

難しい役を引き受けたと思っています。


まだ稽古は初まったばかりで
これから全体像が見えてくると思うのですが。



何よりも

思いを込めて

一音一音

丁寧に歌わなければと

思っております。



演奏会は

首都圏にお住まいで
被災された関係者がいらっしゃる方

犠牲になった方々を
弔うお気持ちがあっても
被災地に出かけられない方などにも

集まって頂けるように
東京で行います。


私達出演者も勿論
全員無償で参加します。

収益の半分は
その後に企画される
東北支援のコンサートの資金の一部(交通費)にするそうです。


一人でも多くの方に
お集まりいただけますと幸いです。

お問い合わせは主催
センドー・オペラ・カンパニー(047-344-8729)
あるいは
Acc(公財)荒川区芸術文化振興財団(03-3802-7111)まで。


また
仙道先生の東北取材の様子は
ご自身がまとめられた本
こちらに詳しく載っています。

画像


レビューはこちらなど

全国書店で発売中
勿論アマゾン楽天でも手に入ります。

ご興味のある方は是非ご一読下さい。   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月演奏会告知その2〜首都圏追悼コンサート〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる