ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 六月のまとめ〜演奏後記:東京女子大クワイヤ・コーラルコンサートと長野の一葉さん〜

<<   作成日時 : 2013/06/30 23:19   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

あーあー。

もう6月が終わってしまうじゃないですか。

久しぶりにブログを
丸1ヶ月ほったらかしてしまいました。。



そんなに忙しかったのかと言われると。

まぁ、毎週末が本番だったりして
忙しかったような

・・そうでもないような

・・・どうなんでしょう(笑)。


5月までの怒涛の本番続きが終わって
ちょっとボンヤリしてましたね。

ぼやっとしてるうちに誕生日も過ぎ
いつの間にかまた一つ歳を取りました。


本当に年々
1年が経つのが早くなる気がします。


そう思うと

先に進むことばかり考えるのではなく

時には立ち止まって

身の回りの
大切な人と過ごす
大切な時間というのを

もっと惜しまなければ
もっと意識しなければ

勿体ないような

そんな気分にもなります。。


7月もコンサートはいろいろあるんですが
8月がオペラの稽古にかかりっきりになる予定なので

その前に1ヶ月
じっくり譜面と向き合って勉強をしたり
いろいろなものを見たり聴いたり

心と体と向き合いながら
いろいろメンテナンスを心がけようかなと思います。


とか言いつつ
飲み会ばかりにならないよう気をつけますが。。



さて。

そんな訳で
6月の主な本番を振り返っておきます。


6月16日歌って来ました

東京女子大学クワイヤ
第58回コーラルコンサート

日時:2013年6月16日(日)15時開演
場所:東京女子大学礼拝堂

出演:中内潔(指揮)
   山口佳子(S)
   阪口直子(A)
   海保泉(Tp)
   姫野徹(Ob)

合唱:東京女子大学クワイヤ
管弦楽:カペラ・コレギウム・ヴェリタス



3回目の参加でした。

私は前半にソロで一曲
モーツァルトの「モテット」から”アレルヤ”

後半は
ヴィヴァルディの「グローリア」のソプラノソロを担当しました。

こちらはクワイヤがレパートリーにしている曲なので
私も今回が2回目の挑戦でした。


いやいやしかし。

クワイヤの皆さん。

特に今年は一年生が多く入ってくれたので
メンバーの半分くらいは一年生。

経験者も何人かいるとはいえ
4月の入部からこの短期間での準備
大変だったと思うのですが
良くまとまった素晴らしい演奏でした。

人数の少ないリーダーの3年生を支えて
皆で頑張った、その結果なのでしょうね。。

終わった後のお茶会で
いろんなお話を聞きながら

こんな風に誰かと一緒に音楽が出来る事って
幸せな事だなぁ、素敵な事だなぁと

何だか羨ましく思うと同時に

自分の中学・高校時代の合唱部を思い出して
懐かしくもありました。

あの時間はやっぱり
今の自分の原点であるような。

そんな気がします。


でもあれですよ。

本当にクワイヤの皆さんは羨ましい。

良い仲間に恵まれて
しかも素晴らしいオーケストラとの共演が出来る。

中内先生が集められたオケの皆様
本当に少数精鋭で

私にとってはここで歌わせて貰える
勉強させて貰える事が

どれほどありがたい事か。。


尊敬する歌い手さんである
阪口さんにも

ご一緒させて頂く度に
いろいろとお声を掛けて頂けるし

今年はオーボエの姫野さんにも
リハの合間に

「こうやって吹いた方が歌いやすいですか」

等々
音楽的な事をいろいろお話させて頂けた。

こういう時間がとてもとても
私にとっては大切でありがたいし

嬉しいのです。


本番の演奏の出来については
いつもながら反省がいっぱいですけど。

それでも2年前に比べたら
自分のことでいっぱいいっぱいにならず

ご一緒して下さる皆さんと
一緒に音楽をする

という場所に
つま先だけでも入れたんじゃないかと

そんな感覚もありました。


年末のメサイヤに向けて
また頑張ります。

クワイヤの皆さんとの勉強も
もっと上を目指さなくては!

画像


終演後、阪口さんと。
ドレスが何だかいい感じに合いました(^^)。


さてもう一つの本番


6月22日、23日歌って来ました。


「樋口一葉〜恋の和歌〜」CD発売記念ツアー

6月22日(土)長野県信濃町 
          浄土真宗明専寺本堂 14時開演

6月23日(日)長野県軽井沢町 
          軽井沢朗読館 14時開演
 

出演:山口佳子(ソプラノ・朗読)
    菊地邦茂(ピアノ)
    斉藤裕子(打楽器・擬音)
    仙道作三(作曲・指揮・演出)

特別出演:青木裕子(朗読)※軽井沢公演のみ
  


という訳で

長野県まではるばる、一葉さん歌いに行って来ました。

明專寺さんは小林一茶の菩提寺で
一昨年「小林一茶・七番日記」の上演でお世話になったお寺さんです。

今年は「寺子屋」を復活させるという事で
4回シリーズでいろいろな専門家を招いて
「一茶」について学び、理解を深める企画が。

そのオープニングの企画として
呼んで頂きました。

実は一葉さんのご両親も
山梨・塩山の寺子屋で出会って恋におち
東京に駆け落ち(?)をしたという話が残っていて

まぁその「寺子屋」繋がり。
という事もあるようでした。

お寺のご本堂をまたお借りして。
ここがまた素晴らしい舞台になるのですよね。
  
実行委員会の皆様のお声掛けで
お客様は大入り。

熱気に包まれた会場での
汗びっしょりの公演になりました。

5月の日暮里での公演から一ヶ月ちょっと

2回目の挑戦でしたから
今回は少し余裕も持てたような気がします。

畳の上での演奏でしたから
少し座ったり、立ったり所作も入れて。

画像


曲の一番最後に振り返って
ご本尊に手を合わせましたが

いつもそうですが
やはり中々ジンとくるものがありました。。

そして「一茶」の時にも
手作りの美味しいお料理を頂いたのですが

今回も本当に美味しいご飯を
終演後頂きました。

特に「根曲り竹」とこの辺で呼ばれる筍。

東京で見かけるような
太いものでなくて、細いやつです。

これをザクザクと切って、
鯖缶と一緒におみおつけ仕立てにした「筍汁」。

これが美味しくて・・・。

その他にも「おやき」とか
フキの煮物とか・・。
もうお腹いっぱい。


苦しいお腹を抱えて
翌日は軽井沢へ。

中軽井沢の駅前の素敵な図書館。
今年オープンしたてで

そこの館長に就任したのが
元NHKアナウンサーの青木裕子さん
以前から仙道先生とお知り合いという事で

今回は特別に
一葉さんの朗読をして下さることに!

すごい!

いつも私の素人な朗読で
なんとかやっているんですが

やはりプロは違うというか。。

何気なく読んでいるようであって

文章自体の持つ面白さ、美しさ
それを最大限に引き出すような

そんな朗読だったように感じます。

一朝一夕には
決して真似のできない事ですが

勉強になりました。。


それとやはり

朗読をしない分
歌に集中できるという利点は
どうしてもありますね。

日暮里バージョンではカットした曲も入れて
フルのCDバージョンで歌いましたが

それでも疲れ方が全然違う。


青木さん。
また読んで下さらないかしら。。

なんて。
贅沢な事を思ったりしています。



小さな会場だったので
お客様のお顔がよく分かりましたが

最後の方は
ハンカチを片手に涙して下さる方も
いらっしゃいました。

伝わるものが
あったのかなと思えば

本当に嬉しいです。。。


画像


こちらは終演後。
出演者と、聴きに来て下さった軽井沢の町長さんと。



そんな訳で今月も

東京女子大関係者の皆様

中内先生はじめ共演の皆様

オーケストラの皆様

クワイヤのメンバーの皆様

お手伝いに来て下さったOGの皆様

長野県明專寺「寺子屋」実行委員の皆様

仙道先生はじめ

共演者のお二人と青木さん

お世話になりました全ての皆様と

会場に御越し頂いたすべてのお客様に


心よりの感謝を!





よし。


ではそろそろ

明日辺りから


デスピネッタの準備

集中し始めなくちゃ。



演出家さんから

衣装の打診が先日来ました。


なにやらまた。

ちょっとエロ解放の(笑)予感です。


デスピーナ。


なのに?


むむむ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM 通販
六月のまとめ〜演奏後記:東京女子大クワイヤ・コーラルコンサートと長野の一葉さん〜 ソプラノ山口佳子Blog/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/10 06:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コーラルコンサート終演後のドレスでの立ち姿素敵!
モンキーバアバ
2013/09/07 11:12
モンキーバアバさま。コメントありがとうございます!
佳子
2013/09/08 15:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
六月のまとめ〜演奏後記:東京女子大クワイヤ・コーラルコンサートと長野の一葉さん〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる