ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS おおつごもり。〜演奏後記・12月のまとめ〜

<<   作成日時 : 2013/12/31 15:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一葉さんの小説の題名を借りれば。

年の最後の忙しい一日ですね。


それなのに

ぼんやりして半日がもう過ぎてしまいました。。



冷たい井戸から水をくみ

北風の通る台所でかまどの前

凍える手をさすりながら火加減を見て。。


それが

蛇口をひねれば温かいお湯が出て

部屋はエアコンのタイマーで朝から暖かくて

コンビニに行けば簡単にご飯が食べられる。


一葉の時代から考えたら

なんて便利で豊かな世の中になったのかと


同じだけ

人の心は成長しているのかと。


この生活を支えるために

どれだけの人が苦労をしてきて

どれだけの人が今もしていて


なのに私は何をしているのだろうと

なんだか自問自答。



年賀状の準備がすっかり遅くなってしまって

やっとパソコンの前に座った

そんな今年の暮れです。


12月の演奏会を簡単に振り返りつつ。



12月6日第59回東京女子大学「メサイヤ演奏会」

画像


指揮の中内先生はじめ
オーケストラの皆さん
ソリストの皆さん
男声合唱の皆さん

そして何よりクワイヤの皆さん

本当に本当に素晴らしい演奏でした。


その中に合って

私の4回目の挑戦は
なんとも難しいものでした。

本当に共演の皆様に申し訳なく
また来て下さったお客様に申し訳ない

そんな思いで会場を後にしました。

正直な感想として
やればやるほど難しくなるような気がしています。

楽曲や表現の解釈
アプローチの方向が
どこか違っているみたいです。

それが演奏の迷いになる。
迷いが音になる。

もう一度何もかも最初からやり直し。

という事ですね。


その晩久しぶりに眠れない一夜でしたが。

耳に残る
クワイヤの皆さんの美しい声が

そして最後に皆さんで歌った
讃美歌の響きが

心の救いになりました。

感謝。



12月8日田辺市第九演奏会

画像


気持ちを切り替えて
次の日は飛行機でびゅーんと南紀白浜へ

歴史ある田辺の第九に呼んで頂きました。
これまで錚々たるメンバーの方が歌われた場所。

合唱団の皆様の
ハイクオリティな演奏に圧倒されながら

そして関西フィルと飯森範親さんの
躍動感あふれる演奏に包まれながら

4重唱は気心の知れた皆様とのアンサンブル。

何とも幸せな時間を過ごさせて頂きました。


そしてまぁ。

演奏旅行の一番の楽しみは
その土地の美味しいものを頂けるという事でしょうか。。

海の幸を満喫して。
温泉にも浸かって。

帰りの飛行機の時間は夕方にして(笑)。

なんとアドベンチャーワールドで
パンダまで観て来てしまいました。。

人生初パンダ。

画像


感動。


12月22日大阪フィル「井上道義指揮・躍動の第九」

画像


初めて行きました。
ザ・シンフォニーホール。

本当にいいホールですね。

そして大阪フィルの皆様とも
指揮の井上道義さんとも初共演。。

緊張が半端なかったです。。

それでも、タイトなスケジュールの合間をぬって
本番前に井上さんが
ソリストのアンサンブル稽古をつけて下さり

どんなテンポで行くのか
気をつける表現はどこか

ハッキリ指示して頂いたおかげで
不安が少し取り払われた気がします。

素晴らしいホール
素晴らしい合唱とオーケストラ
素晴らしいソリスト。

最後の4重唱が終わるまでは
緊張して中々落ち着いて聴けなかったのですが

合唱が終わって最後のコーダの部分。
オケの盛り上がりは凄かったです。

そして振り終わった瞬間に
お客様に振り向いたマエストロ。。

大喜びのお客様。

演奏は勿論、最後の最後まで魅せる。
エンターテイナーとは、こういう事かと。。

いや凄かったです。

驚愕。


ちなみに大阪は
とんぼ返りでいろいろ食べられなかった。。

前日の夜にテノールの与儀君と
串揚げ食べたのみ。

また行きたいです。。


12月25日「未来からくる演奏家を聴く会」年忘れ特別クリスマスコンサート

画像


今年の締めくくりは
ジュリアンこと仲田君とクリスマスコンサートでした。

とはいえ
所謂クリスマスソングを並べるのではなく
むしろ少し凝ったプログラムにしてみました。

前半はお着物を着て日本の歌。

山田耕筰さんの
「二十三夜」や「風に寄せてうたへる春の歌」など

前から一度歌って見たかったものと

「お菓子と娘」や「市の花屋」など
お話仕立てになっていて楽しいもの

「うぬぼれ鏡」も歌いました。


後半はドレスに着替えてオペラアリア。

グノー「私は夢に生きたいの」
ドニゼッティ「騎士はその眼差しに」

などいつも歌っているものと

仲田君に「タイスの瞑想曲」をお願いして
去年勉強したマスネ「タイス」のアリアなども。

最後は「ミニョン」の「私は金髪のティタニア」。


いつもの事ですが

プログラム考えてると
あれもこれもと
ついつい沢山「盛り」過ぎてしまって。

曲間にお話をする喉の負担を加味しながら
今回もギリギリの選択。

余りに喉が渇いて
喋っている途中でお水飲んでしまいました。

アットホームな会場でしたので。
まぁそれもご愛嬌という事で。。


それでも

こうして機会を頂いたお陰様で
また仲田君とのレパートリーが増やせましたし。

なにより
温かなお客様に囲まれて
本当に幸せな時間を頂きました。。


詩を読んで音を読んで
新しい曲を勉強する事も

リハーサルを重ねつつ
ちょっとずつ音楽を形作る事も

どんな曲目構成にしようか

どんな衣装でどんな演出で

どんなプログラムノートを書こうか

どんなことを話そうか

どうしたら来て下さった方に
少しでも楽しんで帰って頂けるか

考える事も。


その一つ一つが

大切な喜び。


そして頂ける拍手の一音一音が

何よりの幸せ。


そんな事を改めて思った一晩でした。



       

そんな訳で

今年も一年、本当に沢山の事がありました。


一つ一つの本番の

稽古場や会場での

素晴らしい人達との出会いと

一緒に過ごした時間と

温かいお言葉と

頂いた拍手と

全部胸に抱きしめながら



励まし支えてくれる家族や友人、先生方

会場に足を運んで下さるお客様

至らない私を

厳しさと優しさで

見守って下さっている

全ての皆様に


心よりの感謝を。



来年も

皆様が一日一日を

幸せに過ごして行かれますように

一つでも多くの笑顔に出会えますように

一つでも多くの明るいニュースが聞けますように

心よりお祈りを致しております。



佳き一年となります事を。



BUON ANNO!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おおつごもり。〜演奏後記・12月のまとめ〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる