ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 二人の由佳さんと〜演奏後記・2月のまとめ〜

<<   作成日時 : 2015/02/17 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2月もあっと言う間に半ばを過ぎました。

寒い日が続きますね。


とは言え八王子は

去年のような雪に見舞われることもなく

このまま春を迎えられるかも、と

そんな気配がしてきました。


2月はプライベートなコンサートが2つほどありました。


簡単に振り返っておきます。


2月1日

都内某ホテルにてディナーコンサート。


ディナーコンサートと一口に言いますが

メインはハッキリ言ってお料理!


フランス料理界トップクラスのシェフのお料理が頂けるという事で

一個人として本当に貴重な機会を頂きましたし

また責任もひしひしと感じる会でした。


素晴らしいお料理の前菜として

その雰囲気を損なうことなく

寧ろ気持ちが盛り上がるように

お客様に楽しんで頂く。


そう考えると中々のプレッシャーです。


ですが、今回

その不安を一気に拭い去って下さる方が(涙)。

画像


じゃじゃーん。

そんな訳で、憧れのメゾソプラノ

小林由佳さんとご一緒しました。

あぁ。嬉しかったなぁ。


プログラムはお料理に合わせて

フランスの歌曲やオペラ

最後には恐れ多くも「蝶々夫人」の二重唱にも初挑戦(!)。


うひー。

その昔、由佳さんのスズキ役を観て

号泣した時の事を想い出すと、

感慨ひとしおやら、歌えてなくて申し訳ないやら。。


首都オペラのカルメンや

モーツァルト協会のフィガロの結婚など

今までオペラで何度かご一緒したのですが

ちゃんとコンサートで、と言うのは今回初めて。


初めて聴いた時から

由佳さんの何とも品があるお声と

美しい舞台姿の大ファンで。

御一緒出来る夢叶って幸せな本番でした。


と思えば、

二重唱とかもっともっと

きっちり歌えたとこもあった気がして

終わって反省しきりでしたけど。。


その後の

めくるめく美味しすぎるお料理の数々に

すっかり心を掴まれて

上品なワインがほんわりと体に沁みて

帰る頃にはだいぶ上機嫌でございました。。


いやいや。。

酔っぱらってる場合じゃない。


次回がある事を願い。

その為にまた頑張ります。。


由佳さんはじめ

お声掛け下さった長澤さん

素晴らしいシェフの皆様

素晴らしいスタッフの皆様

そして素敵な素敵なお客様。


本当にありがとうございました!




2月14日

母校八王子東校にてミニコンサート。


こちらはガラリと場所を移しまして。

なんと母校のPTAの皆様の学年行事に呼んで頂きました。


実は昨年。

芸大の先輩でもあり、地元八王子の先輩でもある

ソプラノの北村さおりさんからお話頂き

ちょうどさおりさんのお子さんが東校に通っているとの事で

二年生のPTAの皆さんの学年行事でコンサートを、とのお話が。


ところが予定していた2月15日。

八王子は大雪で、とても皆さん家を出る事も叶わない状態。

遭えなく中止となったのでした。


せっかくだったのでと

次の学年の保護者の皆様が今年呼んで下さったのです。


今年は見事にお天気も晴れて。

無事に開催されました!


ピアノ伴奏は、同じ東校出身で、

受験時代の私のソルフェージュの先生でもあった

石村由佳さんにお願いしました。


あら。

そう言えば、こちらも由佳さんだわ(^^)。

奇遇。


プログラムは40分ほどで

トスティのセレナータや

シューベルトの野ばら

ヘンデルの私を泣かせてください、等々

ザッツ名曲コンサート。

勿論、「私のお父さん」とかも込みです(^^)。


コーラス部の練習で

毎日のように入り浸っていた

懐かしい懐かしい音楽室で

久しぶりに歌えて感激でした。


それにしても、

卒業して20年くらい経ったはずなんですが

あ、歳がばれますね(笑)。

余りに学校の雰囲気が変わってなくて

その事にものすごく驚きました。


コンサートの後は

お集まり頂いた、お父様お母様、

音楽科の先生も交えてお喋りを。


お聞きしたお話の雰囲気からも

生徒さんや学校の様子が

相変わらずなんだなぁと。。


伝統って事なんでしょうか。

生徒も先生も保護者も、毎年入れ替わるのに

学校のカラーが保たれているという事は

スゴイ事だなぁと思いました。


音楽科の先生から

今のコーラス部や、室内楽部、

ブラスバンド部のお話なども聞いて

とても楽しかったです。


東京都の進学指導重点校に指定を受けて

芸術の分野に進む卒業生は

私達の頃よりもっといなくなっているのでしょうけど


「好きな子」は今も沢山いるのだなぁと知って

何だか嬉しい思いでした。


どの方向に将来進むとしても

高校時代に友達と一緒に奏でた音楽

その時に感じた気持ち、考えた事

その先の人生でも大切にして行ってほしいなぁと

そんな事を思いました。


あの音楽室で過ごした時間。

私にとってかけがえのない時間。


そこを再び訪れて

懐かしさと共に

大切なものを思い出したような

良い時間を頂きました。



昨年お声掛け下さいった北村さんはじめ

ご準備、ご尽力くださった学年委員の皆様

お集まり頂いた保護者の皆様

素晴らしい共演の由佳先生



お世話になりました皆様に

心よりの感謝を。


画像


写真は一緒に来てくれた由佳先生の6歳の娘さんが撮ってくれました。上手!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
リサイタルありがとうございました。
生の歌声の素晴らしさに、驚き、感動しきり。全身が歌声に浸ったひと時でした。
子供達にも聴かせたかったです。そして、帰宅後、大いに自慢しました!
八王子東・保護者
2015/02/28 00:32
東校の保護者さま。書き込みをありがとうございました。お返事が遅くなり申し訳ありません。先日は素敵な機会を頂きまして本当にありがとうございました!楽しんで頂けたようで嬉しいです。ご家族の反応は如何だったのでしょうか(^^)?また皆様に聴いて頂ける機会がありますように。これからも頑張ります!
佳子
2015/03/04 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
二人の由佳さんと〜演奏後記・2月のまとめ〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる