ソプラノ山口佳子Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 15年10月演奏会告知・その2〜平沢匡朗モーツァルトセレクション〜

<<   作成日時 : 2015/10/18 15:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

甲州街道の銀杏並木が

少しずつ色付いて来ました。


これから気温が下がるに応じて

黄色くなって行くのが楽しみです。


願わくは

一ヶ月後のいちょう祭りまで

散らずにいてくれますように。



さて。


来週はこちら。


画像


平沢匡朗&チェンバーオーケストラklang
「モーツァルトセレクション Vol.2」

日時:2015年10月21日(水)19時開演
場所:王子ホール(銀座)

出演:ピアノ・指揮 平沢匡朗
    ソプラノ    山口佳子
    管弦楽 チェンバーオーケストラklang

曲目:20のメヌエット 第4番ヘ長調 KV.103
    ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 KV.467
    「フィガロの結婚」より 
恋とはどんなものか KV.492
    「コジ・ファン・トゥッテ」より 
女も15になったなら KV.588
    コンサートアリア
「どうしてあなたを忘れよう〜恐れずに愛しい人よ」KV.505

全席自由:4,000円(当日4,500円)



ヴァイオリンの木野雅之さんとのDuoで

フォルテ・サロンコンサートで
度々お世話になっております平沢さん。


とっても!

とっても!!

素敵なピアニストさんです!!!


いつもお二人の演奏を
本当に私と同じ人間なのかと疑いながら
ウットリと舞台裏で聴いているのですが

まさかご自分の演奏会に
お声を掛けて頂けるとはーーー(涙)。


しかも

モーツァルトを
オーケストラで歌えるとはーーー(涙)。


嬉しい事この上なし。

本当に有難い事です。


歌うのはオペラのアリアから

ケルビーノとデスピーナを。


そしてメインは何と言っても

コンサートアリア KV.505


名曲です。。


ソプラノとピアノのソロとオーケストラ

と言うちょっと珍しい編成ですが。


なんでもモーツァルトが、

「フィガロの結婚」のスザンナを
創唱したソプラノに贈った曲だとか。。

確かに。

音域はスザンナのアリアのように低く
中音域が充実していなければ、、という感じ。


しかしそれよりも気になるのは。

モーツァルトはこのソプラノ歌手が
大好きだったらしい。

と言う所でしょうか。。


彼女がウィーンを後にする告別の演奏会で演奏され、
ピアノはモーツァルトご本人が弾いたらしいのですが。

ピアノとソプラノの旋律が
実に美しく絡み合っていく感じには

何だか特別な思いがあるように
つい妄想したくなります(笑)。


しかも、離れて行く彼女に

「私があなたを忘れるだなんて!」

「心配しないで、愛しい人。
この心はずっとあなたのものです。」

などと歌わせてます。。


うーん。


なんかちょっと、、
屈折した愛情表現な気もしますが。。(笑)。



とにかく。

なんとも言えず、魅力的な曲です。

そう歌えるかは、、私次第ですが。。(汗。



せっかく頂いた機会なので、

平沢さんのすっばらしいピアノとの

会話が楽しめますように

何とか頑張って見ようと思います。



そして、

フレッシュなオーケストラと

平沢さんのピアノ協奏曲も

とっても楽しみです!

弾き振りですよ!かっこいい〜。



あー、モーツァルト。



銀座で、モーツァルト。



どっぷり浸かって

幸せホルモンを

たっくさん脳から分泌して

楽しんで頂ければと思います!



お問合せは主催まで。

御来場お待ちしております!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
15年10月演奏会告知・その2〜平沢匡朗モーツァルトセレクション〜 ソプラノ山口佳子Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる